土地購入で素敵な生活を始める│不動産の疑問アンサー

価格設定はどうするか

家の廊下

一戸建ての売却において、新築から間もない物件を除くと、売買価格を構成する要素は土地が全てあるいはほとんどになります。建物は経年劣化が避けられませんので、リフォームやメンテナンスを実施していても、売買価格としての価値は大幅に下落します。普通に居住する上では問題ないような物件であっても、一般的には建築から20年程度の年月が経過すると建物の売買における価値はほとんどなくなってしまいます。一戸建ての売買であっても、事実上は土地の売買になるケースも少なくありません。しかし、購入者が中古住宅として引き続き居住する場合であって、リフォームなどによって建物の状態が良好であれば、建物にも価格設定が可能なケースもあります。

建築から30年も経過したような一戸建て住宅の売却では、購入者に継続して居住することを期待することは困難になります。このような一戸建ての売却では、土地の価値だけで売買価格が設定されることはやむを得ません。更には、不動産仲介業者が建物の解体費用を売却価格から控除して価格設定をするように提案することもあります。一戸建て住宅を購入した人が、購入後に建物を取り壊して新築することになりますので、その建物解体費用を売買価格から差し引くのです。それによって、更地での売買と同等の価格設定になります。実際に解体してしまったのでは、売却完了前に居住ができなくなってしまいます。最後まで居住できて更地として売却できるメリットがあります。