土地購入で素敵な生活を始める│不動産の疑問アンサー

浴室の安全を保つ

工事現場

浴室はリラックスできる場所ですが、高齢者にとっては危険もある場所です。最近は、新築一戸建てを建てるとき、浴室の安全対策を万全にする人が増えています。高齢の親と住む場合はもちろん、親と住まない人でも将来のことを考え、安全な浴室にする人が多いです。これからの新築一戸建ては、最初からユニバーサルデザインの浴室を設けることが当たり前になるでしょう。既にその動きが見られますが、より加速すると考えられています。 安全な浴室にするには、段差を解消するのはもちろん、出入り口の有効幅を大きく確保することです。浴槽と洗い場の段差もなるべく小さくする必要があります。新築一戸建ての浴室は、こう言うことを考えて計画していくことです。

浴室を高齢者でも安全に使えるように、対策を施す人は多いです。段差をなくす、床は滑りにくい素材のものを使用するなど、浴室内の対策は完璧に行われます。しかし、浴室内だけに危険があるわけではありません。脱衣場についてもしっかり考えなくてはいけないのです。 冬の時期、脱衣場はかなり冷えます。しかし、部屋にいるときは暖房をつけていることが多いでしょう。暖かい部屋から脱衣場に行って服を脱ぐと、体に負担がかかるので注意が必要なのです。対策としては、床暖房や暖房換気乾燥機を導入しましょう。 新築一戸建てを建てる場合、かなりの費用が必要になります。そう言う設備機器を導入すると費用が余分にかかりますが、安全のためには大事です。